商業カメラマン と 写真家 の違い

< 商業カメラマン(商業 photographer ) >

お客様(クライアント)が、商品やサービスを伝える手法として、写真(写真撮影)をプロカメラマンに依頼し、要望に沿った写真を撮影・提供し、対価としてお金を頂く職業。評価(写真の良い・悪い)は、お客様(クライアント)が決定する。カメラマン自身が満足のいく出来だとしても、お客様(クライアント)が撮り直しを要望した場合、意見を取り入れ、再撮影する。さまざまな業界からの依頼があるので、個人レベルでは撮れない被写体や、規模の大きな撮影も対応する。撮影はカメラマン個人ではなく、チーム(外部の人間たちでチーム形態をとる場合もある)で行う。そのチームの取りまとめと、撮影結果の全責任をカメラマンが負う。ビジネスに直結している撮影が主になるため、写真はあくまでもクライアントの「利益に貢献するのも・できるもの」が求められる。

< 写真作家・写真家・( photographerと書く場合も多い ) >

己の創造する世界、想いを「表現」の手法として、写真を用いて世界に評価してもらう活動。(職業とは言い難い)それに対しての対価(お金)が発生するかしないかは別問題となる。簡単に言ってしまえば、絵画のようなものであり高評価されれば、大きな価値を生む。そうなるために、写真展やインターネットなどの場で発表・作品販売等をおこなうことが主な活動になる。むろん作家そのものの名前の認知度が必須となり、プロカメラマンとして活動をしながら名前を高めていくか、知名度のある写真コンテスト等で賞を取るなどし、認知度を高めないと相手にされない。また、むずかしいところだが「趣味」との差があまりにも微妙でり「プロ」ということを評価されにくい。もちろんのことで「作品そのもの」の作家性や個性が「勝負」となる。メディアに取り上げられるぐらいでないと、ほぼ生活は出来ない。

back.png